2週間ごとに旬の食材を味わえるカフェ。 - CAFE ROCA-

「新メニューのアイデアは直売所で」。2週間ごとに旬の食材を味わえるCAFE ROCAに通いませんか?

 

「CAFE ROCA(カフェ ロカ)」の加藤元治さん、喜江さんにお話を伺いました。

 

『ROCA』の由来はなんですか?

 

元治さん
娘が生まれたときに、名前の候補として『ロカ』というのが挙がっていました。
ただ、娘の名前は妻が付けると決まっていたので、このときはそっと胸の中にしまっておいたんです。

それが、数年経ってカフェを拡張する(※)ことになったとき、ふっと頭に浮かんできたんですね。可愛い響きですし、お店の雰囲気とも合っていたので、『ROCA』と名づけました。

※CAFE ROCAは、前身の『おうちカフェ』を拡張・移転してオープン

 

 

新しいメニューはどうやって生まれているのでしょうか?

 

喜江さん
私がベースになる案を出して、主人やスタッフのみんなと一緒にアイデアを出し合いながら仕上げていきます。
毎日地元の野菜直売所に行って、旬のお野菜や果物をチェックし、「この素材を使ってこういう料理にしたらどうかな」とイメージしながら購入しています。

あと、私たち自身が好きな食べ物から発想することも多いですね。やっぱり、好きなものじゃないと良いアイデアは出ないので(笑)

 

▼オーナーおすすめのパンケーキ。ソースや彩りのフルーツには、季節ごとの一番おいしいものを使用。

 

 

料理を作る上で、心がけていることはなんですか?

 

喜江さん
できるだけ津山産の食材を使うことを心がけています。というのも、直売所に並ぶ食材は鮮度が高いので、早朝に収穫したお野菜をランチでご提供することができます。

また、産地や生産者がきちんと分かっているということも重要ですね。お客様に新鮮で安全・安心なお料理を召し上がっていただきたいという想いが強くあり、ゆくゆくは全てのお料理を津山産の食材で作りたいと思っています。

 

▼人気No.1の2WEEK LUNCH。ごはんを大盛りにできるので、男性でも大満足です。(写真は普通盛り)

 

 

これから、『ROCA』をどういったお店にしたいですか?

 

喜江さん
中学生や高校生が気軽に来られるお店にしたいですね。私が学生の頃は津山にあまりカフェがなくて、放課後どこに行こうかいつも迷っていました。友達とおしゃべりしたり、ひとりで勉強したりといった場所として、うちがもっと身近な存在になったらと思っています。

学生たちの放課後に、「ROCAに行く」という選択肢が入ると嬉しいですね。

 

 

 

『無骨さ・古めかしすぎないほどよさ』をテーマにデザインされたCAFE ROCA。まるで秘密基地のような独特の雰囲気に、時間を忘れてついつい長居してしまいました。ランチの時間は混みあうので、ゆったりと過ごしたい方は夕方の来店がおすすめです。
また、パン屋さん、木工作家さん、お花屋さんとコラボした多様なイベントを開催されていますので、Facebook『CAFE ROCA』をチェックしてくださいね!

 

【CAFE ROCAデータ】
岡山県津山市東一宮21-14
TEL:0868-35-3051
営業時間:11:00~18:00
駐車場:10台(第2駐車場あり)
定休日:金曜日、第2・4・5日曜日

The following two tabs change content below.
タケ

タケ

一見さんお断り風のローカルな店が大好きな旅人。そこでしか出会えないひとが持つ、そこにしかない面白さをお届けします。